般若心経

By: stephanie casarez

菩薩さまは、深い智慧によって、心にこだわりがない。こだわりがないゆえに、恐怖も無い。一切の誤った妄想から離れ、究極の静寂の境地となる…。262文字の大乗仏教の心髄、般若心経を読み解く。

摩訶般若波羅蜜多心経

摩訶般若波羅蜜多心経まかはんにゃはらみつたしんぎょう
観自在菩薩かんじざいぼさつ行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはんにゃはらみつたじ照見五蘊皆空しょうけんごうんかいくう度一切苦厄どいっさいくやく
舎利子しゃりし色不異空しきふいくう空不異色くうふいしき色即是空しきそくぜくう空即是色くうそくぜしき受想行識じゅそうぎょうしき亦復如是やくぶにょぜ
舎利子しゃりし是諸法空相ぜしょほうくうそう
不生不滅ふしょうふめつ不垢不浄ふくふじょう不増不減ふぞうふげん是故空中無色ぜこくうちゅうむしき無受想行識むじゅそうぎょうしき無眼耳鼻舌身意むげんにびぜつしんい無色声香味触法むしきしょうこうみそくほう無眼界むげんかい乃至無意識界ないしむいしきかい無無明むむみょう亦無無明尽やくむむみょうじん乃至無老死ないしむろうし亦無老死尽やくむろうしじん無苦集滅道むくしゅうめつどう無智亦無得むちやくむとく以無所得故いむしょとくこ
菩提薩埵ぼだいさつた依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみつたこ心無罣礙しんむけいげ無罣礙故むけいげこ無有恐怖むうくふ遠離一切顛倒夢想おんりいっさいてんどうむそう究竟涅槃くきょうねはん三世諸仏さんぜしょぶつ依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみつたこ得阿耨多羅三藐三菩提とくあのくたらさんみゃくさんぼだい
故知般若波羅蜜多こちはんにゃはらみつた是大神呪ぜだいじんしゅ是大明呪ぜだいみょうしゅ是無上呪ぜむじょうしゅ是無等等呪ぜむとうどうしゅ能除一切苦のうじょういっさいく真実不虚しんじつふこ故説般若波羅蜜多呪こせつはんにゃはらみつたしゅ即説呪曰そくせつしゅわつ
羯諦ぎゃてい羯諦ぎゃてい波羅羯諦はらぎゃてい波羅僧羯諦はらそうぎゃてい菩提薩婆訶ぼうじそわか
般若心経はんにゃしんぎょう

偉大なる智慧に到達するための大切な教え

観音様が修行により深い智慧に到達した時、肉体や精神は皆、空であると悟り、一切の苦厄から解き放たれた。

舎利子よ、形あることは実体がないことと異ならず、実体がないことは形あることと異ならず。形あることは実体がないということであり、実体がないということは形あることである。感じたり思ったり考えたりする精神的なこともまた同じである。

舎利子よ、万物は空のすがたをしているのだ。

生ずることもないし滅することもない、汚いも綺麗もない、増えることも減ることもない。これゆえ空の中には物質も無く、感じたり思ったり考えたりする精神的なことも無い。感覚を司る器官(六根)も無く、六根から得られる感覚(六境)も無い。目に見える世界も無く、精神的な世界までも無い。迷いも無く、また迷いの尽きることも無い。それから老死も無く、老死が尽きることも無い。苦しみも無ければ苦しみを解決する方法も無い。悟りも無ければ悟りを得ることも無い。得ることがないゆえに所有することもない。

菩薩さまは、深い智慧によって、心にこだわりがない。こだわりがないゆえに、恐怖も無い。一切の誤った妄想から離れ、究極の静寂の境地となる。過去、現在、未来の仏様も、深い智慧によって、この上ない悟りの境地に到達した。

故に知るべし、深い智慧を。これは偉大で神聖な真言である。これは偉大で全てを明らかにする真言である。これは最上の真言である。これは等しいもののない真言である。本当に一切の苦を取り除く。真実であって偽り無し。それでは智慧に到達するための真言を説こう。すなわち真言を説いて曰く。

行けるものよ、行けるものよ、彼岸に行けるものよ。彼岸と共に行けるものよ。悟りは成就する。

彼岸に渡る智慧の教え。

YouTube video embed

私は般若心経ポップで般若心経を覚えました。スローなテンポなので唱えやすいです。

般若心経RAPという曲もあります。

籔内佐斗司と般若心経と善光寺

善光寺の表参道沿いにある宿坊、白蓮坊 (びゃくれんぼう)では、「むじな地蔵」を拝むことができます。そのむじな地蔵の作者である籔内佐斗司さんが書かれた開運招福般若心経が以下。

籔内 佐斗司
「般若波羅密多」ということばは、ごっついありがたい真言やさかい、大事にしなはれや。生まれることも死ぬことも、りんごが木から落ちるのと同じ自然のなりゆきやねんから、なーんにも怖がることなんかあらへんねん。 運気溢れる招福童子たちが浪花語りで案内する愉快な般若心経の世界。

せんとくんの作者でもあります。

菩薩さまは、深い智慧によって、心にこだわりがない。こだわりがないゆえに、恐怖も無い。一切の誤った妄想から離れ、究極の静寂の境地となる…

One thought to “般若心経”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です