金魚水槽大掃除

年2回(5月と10月)の金魚水槽大掃除を行いました。

飼育環境は、オランダ1匹、45cm水槽(水量30L程度)、上部ろ過、底砂は大磯砂(底面が隠れる程度に薄く敷いている)、冬場はヒーターありで18℃に加温。

金魚水槽の掃除方法や掃除頻度に関しては、2年ほど試行錯誤した結果、今の形に落ち着きました。備忘録として書き残しておきますので、参考になれば幸いです。

汚れた水槽…。11月から4月まではヒーターで加温しているため、隔離や掃除後の水温調整が大変だし、外で水槽洗うには水が冷たすぎる、というわけで5月と10月の大掃除が都合が良いのです。

goldfish_aquarium_cleaning_01

準備するもの

  • バケツ3個(10Lくらい水が入るバケツが望ましい)
  • ウォータータンク(ウォータージャグ)10L(水道水を水槽に追加する時に使用。バケツで代用可能)
  • カルキ抜き
  • 水温計(0.1℃単位で測れるもの)
  • プロホース
  • 底砂をすくうスコップ
  • 掃除用スポンジ

手順

  1. バケツ1(金魚隔離用)に水槽の飼育水を移す。後で水槽に戻す飼育水なので出来るだけ多めに入れる。

  2. バケツ1に金魚を移す。エアーポンプがあればエアレーションを行った方が良いが、数時間なので無くても問題無し。掃除の間、しばらく放置。

    goldfish_aquarium_cleaning_02

  3. バケツ2(ろ材隔離用)に飼育水を入れ、上部フィルターのろ材を移す。

  4. バケツ2でろ材の掃除。バクテリアが定着しているので、飼育水で軽くすすぐ程度で済ませる。すすいだ水はバケツ3(底砂掃除用)に移す。

  5. ろ材の入ったバケツ2に再度、水槽の飼育水を入れる。こちらも後で水槽に戻す飼育水なので出来るだけ多めに入れる。ろ材はバクテリアの住処で、バクテリアも酸素を必要としているらしいので、エアーポンプがあればエアレーションを行う。掃除の間、しばらく放置。

    goldfish_aquarium_cleaning_03

  6. 上部フィルターを外し、掃除する。上部フィルターは水道水を使って綺麗に掃除する。水中ポンプも分解して、インペラまで丁寧に洗う。

    goldfish_aquarium_cleaning_04

  7. 水槽から砂利を取り出し、バケツ3に移す。

    goldfish_aquarium_cleaning_05

  8. バケツ3の砂利を掃除。砂利は水槽に残った飼育水を使って洗う。砂利にもバクテリが定着しているので、洗いすぎは良くないと一般的には言われている。しかし、ジャリスコップでガシガシと研ぐたびに濃く濁るので、飼育水を入れ替えながら、何度か洗うようにしている。。最後に洗い終わった水を捨てた後に、飼育水を入れておくと砂利を水槽に投入しやすい。

    goldfish_aquarium_cleaning_06

  9. 水槽の掃除。こちらは水道水を使って綺麗に掃除する。

    goldfish_aquarium_cleaning_07

    コーナーと水槽内上部の洗い忘れに注意。洗剤などは使わずに、水とスポンジだけで掃除する。

    goldfish_aquarium_cleaning_08

  10. 底砂を水槽に戻す。

    goldfish_aquarium_cleaning_09

  11. 上部フィルターとろ材をセットし、バケツ2に入っていた飼育水を水槽に移す。

    goldfish_aquarium_cleaning_10

  12. 水中ポンプが動作する量になるまで、カルキ抜き、温度合わせをした水道水を足し、上部フィルターを動かす。

    goldfish_aquarium_cleaning_11

    浮遊する汚れが落ち着くまで30分は回しておく。この後、この水槽に金魚を戻すので、金魚のいるバケツ1の水温に出来るだけ合わせる。

    goldfish_aquarium_cleaning_12

  13. 水槽にバケツ1の飼育水と金魚を戻す。水槽の水が足りなければ、カルキ抜き、温度合わせをした水道水を足す。

    goldfish_aquarium_cleaning_13

ポイントは、金魚を入れるバケツ1とろ材を入れるバケツ2に飼育水を多く残して、極力掃除前後の水質が変化しないようにしていることと、追加する水の水温を+1℃に収めていることです。

大掃除以外のメンテナンス

年2回の大掃除以外には、プロホースで底砂に溜まった汚れを吸い取りながら週1回の水換え(1/3)と、2ヶ月に1回の上部フィルターのウールマット交換(1/2枚)を行なっています。それ以外には、水換えの際に水槽の汚れが気になったら、軽くスポンジで落としたりする程度です。

ちなみに現在の上部フィルターの構成は上からスポンジ(黒色で目が荒いもの)、ウールマット(白色で目が細かいもの)が2枚で、その他の隙間にセラミックろ材を入れています。ウールマットの交換方法は、2枚ある内の下のウールマットを捨て、上のウールマットは下に、新しいウールマットは上に敷くようにしています。同時に、スポンジの清掃も行なっています。清掃と言っても、飼育水で軽くすすいでいるだけですが。

私が使用しているもの

水作
パイプを底砂に差し込むだけで砂利の中の老廃物を古くなった飼育水と一緒に排水します。
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
バケツと違って、水槽に水を注ぐ時にこぼれにくいので重宝しています。元々キャンプ用に購入しました。

綺麗になった水槽で、金魚が鮮やかに見えます。

goldfish_aquarium_cleaning_14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です