エックスサーバーにターミナルでSSH接続する

By: Blake Burkhart

エックスサーバーにMacのターミナルでSSH接続する方法を紹介します。

エックスサーバーでの設定

SSH設定(エックスサーバー公式マニュアル)の「サーバー上で公開鍵認証用鍵ペアの生成を行う場合」を参考に、秘密鍵(ファイル名:サーバーID.key)のダウンロードを行います。

公開鍵認証用鍵ペアを生成する際に設定したパスフレーズは忘れないようにしましょう。

Macターミナルから接続する

Macのターミナルから、ホームディレクトリに .ssh フォルダを作成し、そこにダウンロードした秘密鍵をリネームして保存します。リネーム後の名前は id_rsa_xserver として以降の話を進めます。

$ mkdir ~/.ssh
$ mv ~/Downloads/サーバーID.key ~/.ssh/id_rsa_xserver

次に「.ssh」フォルダと秘密鍵のパーミッションを変更します。

$ chmod 700 ~/.ssh
$ chmod 600 ~/.ssh/id_rsa_xserver

これで、接続準備は完了です。

それでは、実際に接続してみます。XserverにSSH接続するには、以下のコマンドを打ち込みます。

$ ssh -l サーバーID -i ~/.ssh/id_rsa_xserver サーバーID.xsrv.jp -p 10022

すると、パスフレーズの入力を求められます。

Enter passphrase for key '/Users/MacのユーザーID/.ssh/id_rsa_xserver': 

ここで、公開鍵認証用鍵ペアを生成する際に設定したパスフレーズを入力し、以下のように表示されれば接続成功です。

Last login: Sun Jul 11 21:00:00 2021 from xxx.xxx.xxx.jp
[サーバーID@svxxxx ~]$ 

SSH接続を簡略化する

このままでは接続するコマンドが長いので、SSH接続設定を設定ファイルに記述して、簡単なコマンドで呼び出せるようにします。

.ssh フォルダに config ファイルを作成します。ファイルの作成は vi で行います。

$ vi ~/.ssh/config

(もし、viの使い方がよく分からない場合は、ホームフォルダで、command +shift + . を押してみてください。そうすると、隠しフォルダが表示され .ssh フォルダにアクセスできます。.ssh フォルダにアクセスできたら、以下の内容を記述した config ファイルを作成します。)

~/.ssh/config ファイルに以下を記述します。

Host xsrv
  HostName サーバーID.xsrv.jp
  Port 10022
  User サーバーID
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa_xserver
  ServerAliveInterval 60

ここで ServerAliveInterval は、60秒ごとにサーバーに「切れてませんよ」と伝えてくれるコマンドです。こうすることで、SSH接続の自動切断を回避します。

設定ファイルを作成したら、以下のコマンドを打ち込むことで設定が呼び出され、XserverにSSH接続ができるようになります。

$ ssh xsrv

Tera Termから接続する(Windows)

Windowsから接続する場合は、SSHソフトの設定(Tera Term)(エックスサーバー公式マニュアル)を参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です