MacBook ProのHDDをSSDに換装する

もし、あなたのMacBook Proがお気に入りのPCで、まだ数年は新しいMacに買い替える予定が無くて、しかもそのMacBook ProがHDDで動いているとしたら、もっとそのMacBook Proを好きになる方法があります。それは、あなたのMacBook ProのHDDをSSDに換えることです。

私の使っているMacBook Pro (13-inch, Mid 2012)は、元々、750GBのHDDを載せていました。

しばらくの間は特別不便も無く使っていたのですが、徐々にパソコンの起動時間が遅くなったため、SSDのメリット・デメリットを理解した上で、HDDをSSDに換装しました。その結果、MacBook Proは別次元の高速なマシンとなりました。

ベンチマーク

HDDからSSDに換装することによってどのくらい高速になるか、XbenchというMacのベンチーマークソフトで、ディスクの読み書き速度の計測を行った結果が以下の通りです。

Disk Test HDD(Toshiba MK7559GSXF) SSD(Samsung SSD 840 EVO 250GB)
Sequential 97.03 345.73
Uncached Write[4K blocks] 69.34 MB/sec 531.51 MB/sec
Uncached Write[256K blocks] 52.33 MB/sec 313.39 MB/sec
Uncached Read[4K blocks] 23.45 MB/sec 40.81 MB/sec
Uncached Read[256K blocks] 56.69 MB/sec 349.60 MB/sec
Random 36.39 1742.92
Uncached Write[4K blocks] 1.54 MB/sec 222.09 MB/sec
Uncached Write[256K blocks] 21.89 MB/sec 330.44 MB/sec
Uncached Read[4K blocks] 0.40 MB/sec 26.99 MB/sec
Uncached Read[256K blocks] 20.61 MB/sec 316.88 MB/sec

SSDの種類にもよると思いますが、今回使用したSamsung SSD 840 EVOでは、読み書きのスピードがシーケンシャルテストで3.5倍、ランダムアクセスは48倍というスコアを叩き出しました。これは、爆速になったと言っても言い過ぎではないと思います。事実、MacBook Proの起動時間は三分の一以下になりました。

今後、私が新規でパソコンを購入する際は、システムディスクにHDDを選ぶ事はないでしょう。

SSD換装に必要なもの

MacBook ProのHDDをSSDに換装するには、

  1. SSD

  2. SATA/USB接続ケーブル(外付けHDDケースを買うと付いてくる)

  3. トルクスドライバー(T6)とプラスの精密ドライバー(0番と00番)

が必要になります。

トルクスドライバーと精密ドライバーはVESSELというメーカーのものをAmazonで購入しました。

ベッセル(VESSEL) パワーグリップ トルクスドライバー T6 No.B-5400TX

VESSEL 精密ドライバーセット TD-56

また、外付けHDDケースを同時購入すれば、交換したHDDを外付HDDとして利用出来るし、SATA/USB接続ケーブルも付属されるためケーブルを単体で買う必要もなくなるのでお勧めです。

そして、肝心のSSDですが、今回購入したものは Samsung SSD 840 EVO になります。intelと比べると安いし、ベンチマークでもそれなりの結果が出ているSSDになります。

Amazonで “Samsung SSD 840 EVO” を探す

楽天市場で “Samsung SSD 840 EVO” を探す

HDDのシステムをSSDに丸ごとコピーする

MacBook Proを分解する前に、現在のシステムをSSDにコピーする必要があります。これには特別なソフトは必要なく、MacのOS標準のディスクユーティリティを使ってコピーが可能です。

まず、MacBook ProとSSDをSATA/USB接続ケーブルで接続します。新規購入したSSDであれば、初期化(フォーマット)を促す警告が表示されますので、初期化を選択するとディスクユーティリティが起動します。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-01
MacBook ProとSSDをSATA/USB接続ケーブルで接続したところ。SATA/USB接続ケーブルは、あわせて購入した外付けHDDに付属していたものを今回は使用した。

ディスクユーティリティでSSDをフォーマットします。フォーマット形式は、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択します。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-02
接続したSSDをフォーマットするには、フォーマット形式を指定してデータの消去を実行すれば良い。

SSDのフォーマットが完了したら、次はHDDの内容をSSDに丸ごとコピーします。

Macを起動しながらCommandキーとRキーを同時に押し続けると、OS Xユーティリティが起動しますので、「ディスクユーティリティ」を選択します。

ディスクユーティリティの復元を選び、ソースにHDD、復元先にSSDを選択し、復元をクリックします。すると、SSDの消去確認ウィンドウが現れますので、消去をクリックします。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-03
1.復元タブを選択
2.ソースにHDDを選択
3.復元先にSSDを選択
4.復元をクリック
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-04
SSDの消去確認ウィンドウが現れるので、消去をクリック

あとは、コピーが完了するまで読書でもしていましょう。

コピーが出来ない場合の対処法

私の環境のみの問題だったのかもしれませんが、HDDのファイル容量と比べてSSD容量も足りているのに何故かコピーが出来ませんでした。そこで、HDDのデータの存在領域をコピー先のSSDの容量以下でパーテーションで区切ってやることでコピーが出来るようになりました。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-05
パーテーションの変更もディスクユーティリティから行う。HDDを選択し、パーテーションタブをクリック。ボリューム枠を選択し、「+」ボタンをクリックするとHDDが2分割される。
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-06
データのある上側のボリューム枠を選択し、コピーするSSDのサイズ以下になるようにスライダーを調整する。適用をクリックすると、パーテーションでHDDが区切られる。

※作業時に写真を取り損ねたので、上の2枚はSSDでの説明写真になっています。

以上の作業で、コピーする領域のサイズをSSDの容量以下にしたら、改めてHDDからSSDのコピーを試してみてください。

HDDをSSDに換装する

SSDへのコピーが完了したら、いよいよ換装作業に入ります。

MacBook PROをおもむろにひっくり返して、10本のネジを精密ドライバーで外します。この時、3本のネジは長いネジとなっていますので、組み立ての際に位置を間違えないように注意して下さい。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-07
MacBook PROを裏返して10本のネジを精密ドライバーで外す。3本は長いネジなので位置を忘れないように注意しよう。

裏蓋を空けると、左下にHDDが見えます。HDDは黒い留め具とネジ2本で固定されているので、精密ドライバーでネジを外してやれば、HDDを本体から外すことができます。

HDDに付いている透明なフィルムをそっと引き上げ、HDDと本体を接続しているコネクタを外します。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-08
裏蓋を外したところ。左下に見えるのがSSD。
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-09
HDDは黒い留め具とネジ2本で固定されている。精密ドライバーでネジを外し、留め具を外してやればHDDは本体から外れる。
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-10
透明フィルムをそっと引き上げ、HDDと本体を接続しているコネクタを外します。写真はコネクタを外したところ。

HDDを外したら、HDD側面に付いているトルクスネジ4本をトルクスドライバーで外し、SSDに取り付けます。そして、元の手順でHDDをSSDに載せ換えます。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-11
トルクスドライバーでHDDの側面に付いているトルクスネジ4本をSSDに付け替える。
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-12
どんなに隆盛を極めたものにも、世代交代は必ずやってくるものです。

SSD換装が終わったら、MacBook PROの電源を入れ、静かに見守ります。MacBook PROが起動ディスクを探すために立ち上がりはやや時間が掛かります。

起動後は、「システム環境設定」→「起動ディスク」からSSDを選択し、再起動します。すると、信じられない早さでMacBook PROが起動します。

how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-13
換装後すぐに、「システム環境設定」から「起動ディスク」を選び、換装したSSDを選択して再起動をすることで、以降の起動が爆速になる。
how-to-upgrade-your-macbook-pro-to-a-ssd-14
見事にソリッドステートドライブが認識されています。

HDDのSSD換装は費用対効果が高く、非常にお勧めできるアップグレードになります。ホント、何でもっと早くやらなかったんだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です